ブログ

JIN搭載のWordPressで、XML Sitemapsを使ってGoogle Search Consoleの設定をする

こんな方向けの記事です。
・JINテーマを購入して、Wordpressでブログを書き始めたばかりの方

「XML Sitemaps」はXMLサイトマップを自動生成するプラグインです。XMLサイトマップはブログの案内図のようなもので、XMLサイトマップをGoogle Search Consoleに登録すると、新しい記事をGoogle検索結果に乗せてもらいやすくなります。

今回の記事は、JINテーマのWordpressで、「XML Sitempas」で生成した XMLサイトマップを、Google Search Consoleに登録する方法をまとめた備忘録になります。どうぞ。

XML Sitemapsを設定しよう

WordPressにXML Sitemapsをインストールし、自動生成されたXMLサイトマップを取得してみます。

①XML Sitemapsをインストール

WordPressの管理画面から、XML Sitemapsをインストールしていきましょう。プラグインの新規追加画面で、検索に「Auctollo」(※誤字厳禁です)を入力し、XML Sitemapsをインストールします。

②XML Sitemapsを有効化

インストールが完了したら、有効化しましょう。

③XMLサイトマップを取得

有効化が終わったら、XMLサイトマップを取得しましょう。プラグインの「設定」をクリックします。

XMLサイトマップのURLが記載されています。メモっておきます。ここまででXML Sitemapsの利用は終了です。

Google Search ConsoleにXMLサイトマップを登録しよう

Google Search Consoleの初期設定を行い、XMLサイトマップを登録します。

①Google Search Console初期設定

「Google Search Console」で検索し、「ログイン」ページを開きます。Googleアカウントでサインインします。

初期設定画面が開くので、「URLプレフィックス」にサイトのURLを入力します。このサイトだと、https://tanar-tech.comを入力することになります。

「所有権の確認」という仰々しい画面が開きますが、怖がらず、HTMLタグの「メタタグ」をコピーします。

WordPress管理画面に戻り、「HTMLタグ」の「head内」に、コピーした「メタタグ」をペーストし変更を保存します。

もう一度Google Search Consoleの「所有権の確認」に戻り、「確認」ボタンを押します。次の画面が出ると、初期設定完了です。

②XMLサイトマップを登録

Google Search Consoleの初期設定が完了すると、サチコの画面のプロパティから、サイトのURLが選択できるようになっているはずです。選択します。

設定画面から「サイトマップ」を選択します。

サイトマップのURLを入力し、確認を押しましょう。これでXMLサイトマップの設定が完了です。

Google Search ConsoleにXMLサイトマップを登録する方法まとめ

せっかくブログを投降しても、Googleの検索エンジンに引っかからなければ、閲覧数は増えません。XMLサイトマップを作成し、Google Search Consoleに登録することで、ブログの閲覧数をどんどん伸ばしましょう。

JINテーマのWordpressでXMLサイトマップをGoogle Search Consoleに登録する方法は下の通りです。検索結果にサイトを乗せて、人気になって、どうぞ!

  1. 「XML Sitemaps」をインストールし、XMLサイトマップを自動生成する
  2. Google Search Consoleの初期設定をする
  3. Google Search ConsoleにXMLサイトマップを登録する

以上